アレルギー性鼻炎のメカニズムについてのお話し

鼻をかんでいる女性

アレルギー性鼻炎の症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどがおもに挙げられます。医薬品を正しく活用して辛い症状を緩和させたいと思うときには、ぜひアレルギー症状が引き起こされる仕組みについても注目してみてください。アレルギー反応が起きるまでの仕組みを、私たち人間が目で見て確認することはできません。しかし適切な知識を持ち、薬を使ってその仕組みを阻害することで、辛い症状を改善することもできるでしょう。

アレルギー反応が起きる原因は、アレルゲンにあります。アレルゲンとは、私たちの身の回りにごく普通に存在しているものです。なので、通常であれば、それらの物質に対して身体が過剰に反応することはありません。

しかし、人間には、有害なものが体内に侵入してきた場合に働く免疫機能が備わっており、この機能がエラーにより、反応しなくても良いはずの物質にまで過剰に反応してしまうことを、アレルギーと言います。どんな物質がアレルゲンとなるのかは、人によって違いますし、またどのようなアレルギー症状が発現するのかにも、個人差があるでしょう。

アレルギー性鼻炎の場合は、鼻の粘膜にアレルゲンが付着することにより、過剰な防御反応が起きてしまいます。鼻づまりが起きるのは、鼻の通り道をふさいで、それ以上アレルゲンが体内に侵入しないようにするための反応だと言われているのです。水のような鼻水がダラダラと出たりくしゃみが止まらなくなったりするのは、鼻の粘膜に付着したアレルゲンを、体外へと押し出そうとしているからなのでしょう。

アレルギー性鼻炎が起きる仕組みをもう少し詳しく説明すると、鼻の粘膜に存在する肥満細胞が関係しています。アレルゲンが侵入すると、この肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンという化学伝達物質が放出される仕組みです。これらの物質が作用することで、鼻水や鼻づまりといった症状を引き起こしてしまいます。ヒスタミンは鼻の神経を刺激することで、くしゃみや鼻水に関わっていると言われています。一方でロイコトリエンやトロンボキサンは、鼻の血管を刺激して、鼻づまりを発生させると言われているのです。

アレルギー性鼻炎の薬は、ヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンといった化学伝達物質の働きを阻害する目的で作られています。これらの物質が働き、作用する過程をブロックすることで、アレルギー症状そのものを緩和させる仕組みになっているのです。

関連記事
ザイザルは飲むと眠くなるというのは本当? 2020年06月23日

アレルギー性鼻炎や、各種アレルギー性疾患に対して、優れた効果を発揮してくれるザイザル。非常に魅力的な医薬品ではありますが、いざ実際に服用しようとなると、気になるのがその副作用についてです。ザイザルにもさまざまな副作用の恐れがありますが、中でも問題になりやすいのが眠気です。アレルギー性鼻炎や花粉症で悩...

ザイザルはアレルギーのほかに花粉症にも効果アリ 2020年06月20日

通年性のアレルギー性鼻炎対策として用いられることが多いザイザルですが、第2世代の抗ヒスタミン薬として、ハウスダストやアレルゲンによるアレルギー症状を緩和する仕組みに注目してみれば、これ以外のアレルギー性疾患に対しても効果が期待できることがわかります。アレルギー性鼻炎といえば通年性を指すケースが多いで...

ザイザルはアレルギー性鼻炎のお薬 2020年06月18日

アレルギー性鼻炎の治療薬として使われるものの中でも、耳にする機会も多いのがザイザル という薬です。一般名をレボセチリジン塩酸塩と言い、錠剤をのみ込むのが難しい方のため、シロップも存在しています。ザイザルがアレルギー性鼻炎に効果を発揮する仕組みとしては、アレルギー性疾患に関与するヒスタミンという物質の...