ザイザルはアレルギー性鼻炎のお薬

花粉と木のスプーン

アレルギー性鼻炎の治療薬として使われるものの中でも、耳にする機会も多いのがザイザル という薬です。一般名をレボセチリジン塩酸塩と言い、錠剤をのみ込むのが難しい方のため、シロップも存在しています。

ザイザルがアレルギー性鼻炎に効果を発揮する仕組みとしては、アレルギー性疾患に関与するヒスタミンという物質の受容体をブロックし、その働きを抑えます。これにより、アレルギー性疾患のアレルギー反応を緩和することができ、鼻水・くしゃみ鼻づまりなど、アレルギー性鼻炎に代表的な症状も和らげることができます。

ザイザルは、アレルギー薬として一般的な抗ヒスタミン薬に分類されます。抗ヒスタミン薬は、その強さや特徴により第1世代と第2世代に分けられています。ザイザルが分類されるのは、この中の第2世代となっています。

第2世代抗ヒスタミン薬の特徴としては、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、また余計な作用が発生しづらいという点が挙げられます。要するに、第1世代の抗ヒスタミン薬と比較して、アレルギー症状を緩和させる効果が高い一方で、副作用は発生しにくいという仕組みになっています。これまで、抗ヒスタミン薬を飲むと一時的にアレルギー症状は改善するものの、副作用がキツイと語る方は少なくありませんでした。ザイザルを始めとする第2世代の抗ヒスタミン薬が登場したことにより、こうした辛さはかなり軽減されています。

とはいえ、抗ヒスタミン薬の副作用として、もっともよく知られているのは眠気です。薬を飲むことで強い眠気がもたらされるため、仕事の前や運転前に飲むのは難しいという特徴がありました。第2世代の抗ヒスタミン薬は、強い眠気についてもかなり改善されてきています。眠気がまったくないというわけではありませんが、副作用の強さとしては、かなり抑えられています。

またザイザルには、1回の服用で24時間効果が期待できるという嬉しい効果が期待できます。このため、ザイザルを服用するタイミングは、基本的に就寝前です。就寝前に薬を摂取し、その後しっかりと眠って朝を迎えることで、24時間効果が期待できることの反面問題になりやすい眠気という副作用を抑える効果も期待できます。

とはいえ、ザイザルであっても、完全に副作用を予防するのは難しく、人によっては日中に眠気を感じてしまうこともあります。また子どもの場合、正しい服用方法でも集中力が途切れてしまうこともあるかもしれません。これらの特徴を踏まえた上で、アレルギー性疾患治療のための服用方法をしっかりと確認し、正しく服用することが大切です。

関連記事
アレルギー性鼻炎のメカニズムについてのお話し 2020年06月26日

アレルギー性鼻炎の症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどがおもに挙げられます。医薬品を正しく活用して辛い症状を緩和させたいと思うときには、ぜひアレルギー症状が引き起こされる仕組みについても注目してみてください。アレルギー反応が起きるまでの仕組みを、私たち人間が目で見て確認することはできません。し...

ザイザルは飲むと眠くなるというのは本当? 2020年06月23日

アレルギー性鼻炎や、各種アレルギー性疾患に対して、優れた効果を発揮してくれるザイザル。非常に魅力的な医薬品ではありますが、いざ実際に服用しようとなると、気になるのがその副作用についてです。ザイザルにもさまざまな副作用の恐れがありますが、中でも問題になりやすいのが眠気です。アレルギー性鼻炎や花粉症で悩...

ザイザルはアレルギーのほかに花粉症にも効果アリ 2020年06月20日

通年性のアレルギー性鼻炎対策として用いられることが多いザイザルですが、第2世代の抗ヒスタミン薬として、ハウスダストやアレルゲンによるアレルギー症状を緩和する仕組みに注目してみれば、これ以外のアレルギー性疾患に対しても効果が期待できることがわかります。アレルギー性鼻炎といえば通年性を指すケースが多いで...